【Q&A】横浜国立大学経営学部と慶應義塾大学商学部にダブル合格した場合について

教育
スポンサーリンク
12日の後期日程で横国大の経営学部を受けてきた。前期は東大の文二を受けたが不合格。私立は慶応大の商に合格している。横国大に合格した場合、どちらを選択するべきか?

前期で東大、一橋大または東工大、後期で横国大、そして私立で早慶上理のどこかに引っかけとく……というケースはよく見られる。

東日本では横国大の他に、千葉大や筑波大、東北大という選択肢も考えられるが、いずれも経済・経営系において横国大の実績・実力には敵わない。それに筑波大の社会・国際学群は後期日程を実施しておらず。

その横国大の経済・経営でも慶応大の商には分が悪くなっている。

『週刊朝日』の調査では、横国大経済と慶応大商にW合格した場合、横国大経済3人-慶応大商10人(91年)、横国大経済1人-慶応大商7人(95年)、横国大経済3人-慶応大商8人(01年)となっている。

『週刊ダイヤモンド』の調査では、横国大経営と慶応大商にW合格した場合、横国大経営7%-慶応大商93%(00年)、横国大経営15%-慶応大商85%(14年)。

私大バブルとされた90年代とは打って変わって、00年代に入ってから国立大人気が復活したとはいわれるものの、横国大-慶応大の場合は国立大側がいまだ苦戦を強いられている。

慶応大はこの数年であの集団強姦事件以外にもいくつかの不祥事(公然わいせつ事件、飲酒死亡事故、殺人事件など)で世のイメージを低下させているが、それでも慶応大のブランド力や社会的パワーは絶大。大勢に影響はないだろう。

個人的なイメージは、横国大の経済・経営は慶応大の経済・商と明治大の政経・商の間。入学(入試)難易度は大差なし、一般知名度は大差あり。就職の面でも、横国大の経済・経営は並の旧帝大文系(北海道大・東北大・九州大)よりも強いが、大きなOB力を持つ慶応大の経済・商にはやはり及ばない。

とはいえ、学内でも特に派手めな学生が多いことで知られる慶応大の商は性に合わない可能性もあるので、その差が迷える余地のあるものであるかぎりにおいて、最終的には自分の「好み」に素直になることも悪くはないかもしれない。