【Q&A】羽生結弦が平昌オリンピックのショートプログラムで使用していた音源について

文化
スポンサーリンク
フィギュアスケートの羽生結弦が平昌オリンピックのフリープログラムで使用していた「SEIMEI」のCDがバカ売れしていると聞いた。では、ショートプログラムの曲(ショパンのバラード第1番)のCDは?

ショートプログラムで使用されていた音源はクリスティアン・ツィマーマン(クリスチャン・ツィメルマン)が1987年に録音したもので、『陰陽師コンプリート』ほどではないにしろこちらも売れていると聞く。

ツィマーマンは戦後世代を代表する世界的なピアニスト。非常な完璧主義者で知られ、録音の数はそれほど多くない。お国もののショパンですら上記のバラード集とピアノ協奏曲集くらいだが、いずれも決定的な名盤としての評価を確立しつつある。

また奥さんが日本人で、東京にいることも多いよう。東日本大震災の時も東京にいて被災し、チャリティーコンサートを度々開催して被災者支援を行ってきた。こういう面でもきっと共鳴する部分は多かったのだろう。