【サッカー日本代表】セネガル戦の採点とポーランド戦のスタメン予想(2018FIFAワールドカップ・ロシア大会)

文化
スポンサーリンク

セネガル戦の採点

スタメン

GK 1 川島永嗣 5.0(5.5)

RB 19 酒井宏樹 6.5(6.5)

CB 22 吉田麻也 6.0(6.0)

CB 3 昌子源 6.5(6.0)

LB 5 長友佑都 6.0(6.5)

CM 17 長谷部誠 6.5(7.0)

CM 7 柴崎岳 7.5(6.5)

RW 8 原口元気 6.0(6.0)

AM 10 香川真司 6.5(5.5)

LW 14 乾貴士 7.0(7.5)

CF 15 大迫勇也 6.5(6.5)

途中出場

MF 4 本田圭佑 7.0(7.0)

FW 9 岡崎慎司 6.5(6.5)

MF 11 宇佐美貴史 5.5(6.0)

括弧内は伊メディア「メディアセット」の採点。攻守の起点となって冷静にゲームをコントロールしていた柴崎はもっと評価されてよい。香川もボールに触る機会こそ少なかったものの、俊敏な動きで敵陣地の中盤をかき乱して重要な役割を担った。

途中出場は、後半27分に香川真司→本田圭佑、後半30分に原口元気→岡崎慎司、後半42分に乾貴士→宇佐美貴史。本田はさすがのメンタリティで少ないチャンスをものに。その後もコロンビア戦より動けており、攻撃の起点として機能していた。

ポーランド戦のスタメン予想

年齢的にも30代半ばで、疲れも見える長谷部と川島には交代論も囁かれるが、おそらくコロンビア戦、セネガル戦と同じスターティングメンバーとなるだろう。本田は引き続き終盤勝負所でのセットプレー(特に25m位置でのフリーキック)に期待。

一覧

Secured By miniOrange